2008年12月04日

財産に関する制度と法律

財産法のせいどは、封建社会の下では、土地に対して重複した権利が存在し、その売買方法や帰属には、様々な法律がある。資本主義社会では、私有、や国有、に持つこと。も自由と定める。

posted by lily at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110685006

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。